発表一覧

特別講演

 

「創薬、診断に有用な「がん悪液質Patient-Derived Xenograft (PDX)モデル」の樹立と

 その利活用」

  上園 保仁先生

 東京慈恵会医科大学疼痛制御研究講座、国立がん研究センター東病院支持緩和研究開発支援室

 

 

「患者由来iPS細胞を用いた病態モデルの開発」

 林 洋平先生

 国立研究開発法人理化学研究所バイオリソース研究センターiPS細胞高次特性解析開発チーム

 筑波大学医学医療系(連携大学院)&グローバル教育院(協働大学院)

 

 「がんモデルから考える肉腫の発症と悪性化」

 田中 美和先生

 公益財団法人がん研究会がん研究所がんエピゲノムプロジェクト

 

 

上園 保仁先生

東京慈恵会医科大学/

国立がん研究センター東病院

林 洋平先生

理化学研究所/筑波大学

田中 美和先生

公益財団法人がん研究会

 



シンポジウム講演

シンポジウム1:培養細胞、オルガノイド、PDX:改めて、その使いよう

 

「細胞株の特性変化に応じた細胞情報のアップデート」

 笹井 文生先生

 理化学研究所バイオリソース研究センター細胞材料開発室

 

ヒトiPS細胞由来-肺オルガノイド創薬/毒性評価 ――空間オミックス配備型プラットフォーム――」

 鈴木 敏夫先生

 千葉大学/Hilung社

 

「患者由来モデルを基軸とした悪性脳腫瘍に対するトランスレーショナル研究」

 立石 健祐先生

 横浜市立大学医学部 生命医科学研究科/脳神経外科学

シンポジウム2:学際的な研究の場を提供するがんモデル

シンポジウム3:オルガノイド試験による治療選択

 

「BMP経路を標的とした大腸がん新規治療の可能性」

 近藤 順平先生

 大阪大学大学院 医学系研究科 生体病態情報科学講座

 

「患者由来がん幹細胞スフェロイドを利用した個別化併用療法の探索」

 三好 弘之先生

  京都大学医学部附属病院 先端医療研究開発機構 大腸がん新個別化治療プロジェクト

 

「大腸癌Micropapillary carcinomaの極性状態改変による薬剤感受性の改善」

 小沼 邦重先生

 京都大学大学院 医学研究科 クリニカルバイオリソース研究開発講座

 

近藤 順平先生

大阪大学大学院

三好 弘之先生

京都大学医学部附属病院

 

小沼 邦重先生

京都大学大学院



シンポジウム4:がん三次元培養研究から実臨床へ

シンポジウム5:CAMモデルの現状と将来

シンポジウム6:患者由来オルガノイドを活用したがん研究の展開

 

「患者由来オルガノイドモデルを用いたHPV発癌の検討」

 田口 歩先生

 東京大学医学部附属病院産婦人科

 

「Patient-derived organoidsを用いた同所移植モデルマウスの利用」

 山﨑 昌哉先生 

 公益財団法人がん研究会

 

患者由来胆管癌オルガノイドを用いたNCYM標的薬の開発」

 末永 雄介先生

 千葉県がんセンター

 

田口 歩先生

東京大学医学部附属病院産婦人科

山﨑 昌哉先生

公益財団法人がん研究会

末永 雄介先生

千葉県がんセンター



企業講演

・ミルテニーバイオテク株式会社

・株式会社ナレッジパレット

Shanghai Lide Biotech Co., Ltd. 

・Crown Bioscience Together with MBL

一般講演

ポスター発表